BLOG

Wednesday

07

Feb 2018

ARCHIVE

はりのはりにはりゆうがある!

2018.02.07.Wed

コラム

 

みなさんこんにちは!

staff:みちおです。

 

タイトルがひらがなばかりですが、今日の記事は「張りの針には理由がある!」というわけで椅子張りに使うタッカー針(ステープル)についてです。

 

が、思っていたより針の種類が多く、一回でまとめ切れる自信がないので数回にわたって書かせていただこうと思います(汗

 

ではまず前提として上の写真をご覧ください。

これがタッカーです。

エアーコンプレッサー(空気を圧縮する機械)からホースを通じてエアーを供給してもらい、針を射出する道具です。

 

コレ、かなり危ない!

僕も何度か不注意で手を打っちゃってますが、かなり痛いです。そんなタッカーは椅子の張地をとめておくのに利用される一番ポピュラーな道具です。

 

そしてタッカーから射出される針がこれ。

 

じゃん。

たくさん種類があります。

 

ここに写っているだけでも

 

H線5mm

H線8mm

H線10mm

バネ用ステープル

F線7mm

F線10mm

H線10mm黒針

 

なんのこっちゃ!

タッカーの針は張地をとめておくのもさることながら、バネやへッシャンと呼ばれる補材を止めるのにも多用されます。

 

つまり、ソファは中も外も針だらけということになります。

沢山あるタッカー針の中から適材適所に針を選び出し、使用する。

椅子づくりにおいて先人の知識がなければこれだけの種類の針は生まれなかったでしょうね…

 

とりあえず今日のところは

 

・タッカーは針を打つ道具

・針(ステープル)はやたら種類がある

 

この2点を覚えて帰って頂けたらなと思います。

来週はH線あたりから説明していこうかなあ~。

 

ではまた!

staff:みちお

 

(※この記事に置いて書かれているタッカーや針に関しては個人の見解であり、すべての椅子張り業者さんに共通することではありませんので悪しからず!)

 

 

SHEA ON

この記事のあとによく読まれている記事

ARCHIVE